イベント>イベントレポート

イベントレポート:くらし体験会『理想の平屋をつくるには?』

くらし体験会 理想の平屋をつくるには?

家づくりの先輩たちは、どんな家で、どんな暮らしをしているんだろう?
図面だけでは分からないサイズ感や暮らしやすさも、実際に体験すれば一目瞭然!
暮らしの中には家づくりのヒントが満載です。

今回の「くらし体験会」でお邪魔したのはUさん一家。家族6人で暮らす、26坪の平屋のお宅です。
理想の平屋をつくるため、Uさんが心がけたのは「自分サイズの家づくり」。
住まいを上手くコンパクトにすれば、使い勝手が良くなり、建設コストも節約できる。その分、「取っ手の一つに至るまで」妥協しない家づくりができました。そんなこだわりの我が家を、Uさんご本人に案内していただきました。

外観_3外観_4

玄関を通って最初の部屋は、16畳の「みんなのスペース」です。訪れた人の視線を集める、キッチンと一体の大きなカウンターテーブル。Uさん一家の暮らしは、ここを中心に広がります。食事をしたり、テレビを見たり、勉強したり、みんなでくつろいだり…このカウンターにリビング・ダイニング・キッチンの役割を集約しました。ダイニングテーブルやソファーなどの代わりに、アップライトピアノや好きなモノを飾るゆとりのあるスペースが生まれました。

リビング1ハーバリウム リビング2観葉植物

4人のお子さん達が過ごす「こどもスペース」は、12畳のワンルーム。
「1人当たり3畳」を壁で仕切ってしまうと狭く感じるかもしれませんが、実際の大きさを体感してみると、天井が高いこともあり広々とした空間です。
宙に浮いた造作ベッドの下には、たっぷりとした収納。縦方向の空間を上手に使っています。
壁も子供たちにとっては大きなパレットのようです。それぞれのスペースを自由に、個性的に飾りつけています。
自分たちで暮らしを工夫し作り上げていく、みんなの成長が楽しみになる空間です。

こどもスペース1こどもスペース2ディスプレイ2ディスプレイ1

お施主様と直接会話ができるのも、くらし体験会の大きな魅力です。参加者のみなさんは、見学しながら気になることを熱心に質問していました。
「よっぽど勉強されたのですね」というお客様からの問いかけに「勉強というよりは楽しみました」と答えていたUさん。雑誌やネットを見て理想のイメージを膨らませたり、気に入った部品や設備を探したりすることはUさんの気質に合っていたようで、とことん突き詰める家づくりを最後まで楽しんだそうです。

サーフボードエントランスモルタル造作洗面バスケットコート

自分たちの大事にすることをハッキリさせ、無理なく楽しむ自分サイズの家づくりが、最終的な満足度につながるのだと感じました。

ご来場いただいたお客様、そして全面的にご協力いただいたお施主様。
本当にありがとうございました。

次回イベントは、

11/12(月) 10:00-12:30
『羊毛フェルトでアクセサリーをつくろう!』

です。

下記の申込フォームからご予約できます。
皆様のご参加、お待ちしております!

ご予約フォーム

以下フォームにご連絡先などをご入力ください。後日、スタッフよりご連絡いたします。

は必須項目です。

メールシステムの不具合により3日以上返答のない場合、
お手数ですがもう一度ご入力いただくか お電話でご連絡ください。

お名前

例)斉藤 太郎

フリガナ

例)サイトウ タロウ

電話番号
- -
メールアドレス
※半角英数字
※確認用
ご予約希望イベント
その他お問い合わせ内容

ご希望の時間帯等があればご記入ください。

記載していただいた個人情報は資料請求、お問い合わせやご依頼内容に対応させていただくために利用いたします。お客様の個人情報を第三者に提供又は委託いたしません。プライバシーポリシー