19 12月ALL開発ヒストリー ④

IMG_2383

ジェイ(Jay Lepple)とマットに連れられ、

まずは、ティンバーフレーム(木骨造)の工場と本社に案内された。

広大な敷地にとても大きな木骨造の工場がいくつもあった。

IMG_2387 IMG_2398 IMG_2420

1800年後半までアメリカはこの木骨造が主流であったが、

西へ西への拡張と早急な建築の必要性の増加により、

ティンバーフレームは衰退していく。

しかしながら、この木骨造(アメリカの古民家)は200年経っても、

朽ちていない耐久性と構造の美しさに感銘を受けたテッド・ベンソン(社長)は

ティンバーフレーム技術を復活させるために奮闘することになる。

ティンバーフレームに対する彼の情熱が、

この地域の木工職人から注目を集め、

1974年にベンソンウッドという会社を起ち上げることとなる。

そこからの、この社長の活躍はものすごい。

現代のティンバーフレーム(より強度を保つ木骨造)の第一人者となった彼は、

北米Timber Framers Guildの創設者となり、木骨造のテーマに関する本を4冊執筆し、

さらに、この会社は木材フレームの設計、

エンジニアリング、クラフツマンシップ、

CAD-CAMテクノロジーの創造的なリーダーとしての地位を確立することになる。

これにより、会社は米国のほぼすべての州、カナダ、イギリス、および日本に進出することになる。

私も本社に飾ってある写真をみた。

な、なんと、五重の塔を建ててた。

もちろん、日本の有名な棟梁に師事し、日本の伝統的な仕口もマスターしてた。

本屋内にその模型が飾ってあり、私はびっくりした。

IMG_2439 IMG_2442

とにかくこの社長と会社はとんでもないぞ・・・と思い始めた矢先、

本当に驚ろくのは、この後にいった工場だった。

 

つづく

Post Tagged with

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です