15 4月省エネ基準からの気密

ずいぶん昔の話をしてしまいますが・・。

 

平成11年の省エネ基準には当初、気密性能をしめす「相当隙間面積(C値)」の必要スペックがあった。ところが平成21年頃に気密性能の規定が突如なくなった。そして平成25年28年の省エネ基準にも気密性能基準はもりこまれなかった。

この理由を知りたい方がいれば、当時、この気密性能の削除に関わった先生が、理由をYouTubeにて語っているので、お教えします。

 

さて、気密性能の必要スペックがなくなって11年位経ちますが、

本当に気密性能がなくて、良いと思いますか?

 

つまり規定の厚みの断熱材が入っていれば、気密性能のないスカスカな住宅でも温熱等級4を名乗れてしまうのである。

これは、なんちゃって省エネ住宅を溢れさせた要因でもあるとおもう。

 

冬にダウンジャケットを着て、前のジッパーを閉じないのと

全く同じであることに気が付かないのだろうか?

 

当時の気密スペックは今思うと、笑ってしまうくらい低スペックではあったが、省エネ基準には必要である。

 

ある先生,曰く「気密なき断熱は無力」

絵に書いた餅にすぎないのは間違いない。

だそうだ・・・。

 

Post Tagged with , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です