18 11月

上棟式でした。

こんにちは、モギコです。

先の大安吉日。

台風や大雨で伸びに延びていた上棟式が執り行われました。
晴天の中、みんなでお祝いです。

親族揃って新しい家を見守れるのっていいですよね。

お子さんもどんどん大きくなってます。
これからの暮らしの想いをたっぷり詰め込んだ家です。

私も楽しみです。
打合せ期間を考えると、工事期間ってほんとにあっという間です。
気を引き締めて完成まで走り切ります。

秋晴れの気持ちい空の下、
お施主様、ご家族の皆様、この佳き日におめでとうございます。

モギコでした。

12 11月

家事は二歩まで ~洗濯編~

こんにちは、モギコです。
家博のプランの話。続編です。
今回は洗濯など、衣類に関する家事についてです。

かなり気持ちのいい場所に洗濯部屋があります。

ちば家博モデルハウスの一つ大きな特徴が、水廻りの配置です。
これまでの家だと、お風呂の脇に一坪くらいの洗面脱衣室があって
だいたい、1階の北側に配置されてたと思うんです。

ここは全部真逆行ってます。
洗面と脱衣は別です。脱衣と洗濯の部屋が2階の南側の日当りのいい場所に広々とってます。
洗面は通路に出しました。

衣類に関する家事について考えると、どう考えてもこれまでのやり方じゃあ効率が悪い。
洗濯室が北側に合って洗い終えた洗濯物を南の庭または2階のベランダに干しに行って、それをまた取り込んで(リビングや和室など?)畳んで、各部屋にしまう…。
って、洗濯からしまうまでにどれだけ移動してる?って話です。

家博のモデルハウスでは、衣類に関する家事をほぼ移動せずに完結できるように考えました。
脱ぐ→洗う→干す→(取り込む)→しまう
この一連の動作が、ほぼ一室で完結します。
厳密に言うと、洗うと干す、取り込むとしまう、が家事としてセットです。
この辺が、移動せずに行えます。
また、少々放置しておいても大丈夫な間取りにしたので
取り込んですぐに畳まないと部屋が汚らしくなる、という事がありません。

なんでそんなに洗濯にこだわるか、というと
洗濯って家事の中では地味(料理とかに比べて)な分野です。
でも、くつろぎの空間に洗濯物があるかないかで「くつろぐ」という行為の
充実度というか満足度が全然違う
と思っています。

立派なソファがあっても、取り込んだ洗濯物の一時置場になっていませんか?
洗濯物と一緒に座ってませんか?
食事をするときにいつも視界に洗濯物がありませんか?
あー、畳まなきゃ、しまわなきゃ、と思いながらの食事は美味しいですか?

ない方が確実にくつろげるし、ごはんもゆっくり食べられるんです。
常に片付いた状態を、誰か一人のがんばり(たいがいお母さん)に掛けていると
その誰か(たいがいお母さん)は多分疲れ果ててしまう。
そうなるとその誰か(たいがいお母さん)は家で笑えなくなってしまう。
そうすると、くつろぐ時間にきちんとくつろげない家になってしまう。

「なんだよ、洗濯物くらい片付けろよ」なんてぽろっと言った日には…。

想像することに難くない…ですよね。

そんな訳で、誰も頑張らなくても心地いい状態を保てる工夫
家をつくる段階でしておいた方が絶対にいいです。
そう思って、少々贅沢な使い方ではありますが
洗濯の部屋を取りました。
この部屋、シュフ(たいがいお母さん)に大人気です。
そして、この部屋いること自体が楽しい場所になってるので
洗濯系の家事のモチベーションが上がるようです。

ぜひ、来てみて感じて下さい。
そして暮らしを想像して見て下さいね。

ちば家博モデルハウスでお待ちしてます。

モギコでした。

08 11月

家事は二歩まで ~そもそも編と料理編~

こんにちは、モギコです。
家博モデルハウスのプランを担当しました。

モデルハウスが公開されたので、プランのときに考えたことを書いていこうと思います。

今回のモデルハウスのプランに当たって、
夫婦共働き、子ども二人(未就学児~小学生)くらいの家庭を想定してプランしました。それがマキさんファミリー。
いかに家事を楽に済ませて、子どもたちや家族とゆっくり過ごす時間を確保するか。
そして、いつも笑ってられる心の余裕を保てるか。(これは、私)

そんなことを考えました。

私も会社では仕事してますが、家に帰ればお母さんです。
家事の大半を担っています。
家事は好きか嫌いかで言うと、別に好きじゃないですが
家が整っている方が気持ちがいいので最低限だけはやります。

平日の家の滞在時間は13時間。
睡眠時間が7時間なので、家で起きてる時間は6時間です。
朝が3時間、夜が3時間です。

この限られた時間の間で、家事を完結させないと家が回らないので
いかに家事を楽にするか、という事ばかり考えています。
滞在時間6時間の中で、フルに動いてられるわけではないです。
自分もごはん食べなきゃならないし、お風呂も入るし、
「くつろぐ」時間だって必要です。
なので実質家事に割ける時間は、4時間足らずです。
この中で、炊事洗濯掃除その他名もなき家事+子育て
という事に奔走しているわけです。
できれば、もっと短くして、私が「楽しむ、くつろぐ」時間を確保したい。

家事にかける時間を限りなく短くしたい!と言うようなことを考えたので
一つの家事が二歩くらいでだいたい完結するようになってます。
食事に関する家事もあまり動かなくても、だいたい定位置から手の届くところに必要なものがあるようになってます。
料理って言ったら「楽しいクッキング」みたいなしあわせオーラだけ想像しますが、実際にやってるとそれだけじゃないことがよく分かります。
一つの家事を細かく分析すると、すんごい量の工程があります。

材料を出して、切ったり洗ったりして、ゴミを捨てて、調理して、さらに盛り付け、配膳して、(食べて)食器を下げ、食器を洗い、調理器具を洗い、流しを洗い、ゴミを最終的に捨てる、くらいまでが毎食の一連の流れです。

ざっと書きだして、これだけの工程があるのです。
この工程で、一歩も動かずに完結できるか、その都度ちょこちょこ歩きながらじゃないと済まないか、で料理にかかる時間は格段に変わります。
いちいち動いてたらすごいストレスです。動かすのは上半身だけにしたいくらい。

歩き回るか、歩き回らないかで倍くらい時間が変わってくる。
そんな訳で、だいたい二歩くらいでおさまるようになっています。
もちろん、お助けアイテムの食洗機とか乾燥機なんかは
標準仕様で設備機器に入ってます。
さらに家事が楽になって、楽しめる家事が増えるといいな、と思っています。

『一極集中型家事』でプランしたので、料理のときは料理!ってなるようにしました。
集中できてる時間って幸せ指数みたいなのが高いので
そうすると、世のシュフはちょっと心が軽くなるんじゃないかと勝手に想像してます。

ちば家博、モデルハウスそんな目で見てみるとまた楽しんでもらえるかもしれません。
みなさまのお越しをお待ちしてます。

モギコでした。


04 11月

子どもたちの素直な感想

こんにちは、モギコです。
お施主さんのお宅を訪問して、暮らし方を拝見するのが好きです。

ちょっとでも連絡貰うとすぐ行きます。
昨年お引渡しした住まいへお伺いしました。機器の設定確認です。
設定はすぐ終わるのですが、そこから暮らし方談義します。

その中で、お施主さんが友人が弊社に興味を持って下さってる
という話が出て
でも、家には遊びに来たことないし、弊社の見学会に参加したわけでもない。
どこからの情報ですか?と聞いてみると

どうやら、そのお宅、お子さんの友人に大人気らしく
学校やらいろんなとこで『あそこんち面白い!』って話題らしい。
言われてみれば、お伺いするたびに誰かしらお友だちが来ている。
そして自分ちのようにくつろいでいる…。

そして家に帰って「●●くんち行って、チョー面白かった!」って話すらしい。

家づくりの段階から「子どもたちのたまり場になっていい」っていうお話が合ったお施主様。
家も面白い仕掛け、いっぱい作りました。とりあえず体力着きます。

嬉しいなぁ、と思ってみています。
子どもがこころから安心して、元気に過ごせる家、嬉しいです。
見守る大人もいいんでしょう。

K様、いつもありがとうございます。
またちょいちょいお邪魔しますね。


モギコでした。


02 11月

マキさん、ブログで紹介してくれました☆く

こんにちは、モギコです。

econaseikatsu.hatenadiary.com/entry/2019/11/01/223738

ちば家博のモデルハウス、マキさんが自身のブログで紹介してくれています。

嬉しいのは『幸せ』と言う部分を感じ取ってくれているところ。

あら、これなんだか見たことある写真❤️

モデルハウスの中でも、私もお気に入りの場所です。

心地のいい場所にはずっといたくなる。

この場所に立ってあれやこれや想像するのが楽しいです。

お越しの際は、ぜひこの場所に立って見てほしい。

そこで日々の暮らしを感じてみてください。

インスタやSNSに上がる素敵な写真もいいですが、

それは一瞬の切り取り。

暮らしは止まることなくずーっと続く流れです。

暮らしの想像は、一瞬をつなぎ合わせるのと、一瞬と一瞬の間にどんな時間が存在してるかを考えるのが有効です。

ちば家博のモデルハウス、弊社では初のモデルハウスです。

いつでも見てもらえるって言うのは、いいですね。

モギコでした。

01 11月

11月 家が暖かい自慢します。

子どもたち、年中この格好…。

こんにちは、モギコです。
11月になりました。霜月です。
朝晩が少しずつ冷え込むようになってきましたね。

わたくし、実は社長以外では唯一の自社物件に住んでるスタッフです。
新築ではなくて、リノベです。
断熱スペックは、そこそこいい。
UA値で0.48w/m2・k なので弊社の標準仕様の0.46までもうちょい、というところです。

外が寒くなってきて、よく分かるんですが
やっぱり、暖かい家はいい。

平日は、7時前に帰宅するのですが、外は結構冷え込んでいます。
で、家に入るとホワっと暖かい。ホッとします。家に帰って来たな、って思います。
冬場は晴れた日はだいたいこんな感じになります。
昨日は、むしろ暑くて窓を開けました。
寝るときも2階は暑いくらいです。
一度窓を開けて熱を逃がしてから眠りに就きます。

我が家の今の季節の室内着は、オットと子どもたちは半袖半パン。
むすめ達は、だいたいスカートかショートパンツにレギンスをはいて登校しますが、帰宅すると全部脱ぎます。笑

そろそろ暖房計画の時期です。
今年は何がメインになるかな。オフグリッドの方も強化しないと。

モギコでした。


30 10月

災害続きの秋

こんにちは、モギコです。
9月、10月と千葉県はほんとに災害続きでした。

被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。
一日も早く、平穏な日が戻ることを祈っております。

毎年のように起こる自然災害。
年々被害がひどくなると感じています。
自然災害、なのかな。
人災ではないだろうか。とも思います。
無理な開発、自然にそぐわない造成を繰り返し
自然に沿わない暮らしのツケじゃないでしょうか。
大きな災害がある度に、大きな被害を目の当たりにして思う事です。

今一度、私たちの暮らしを見つめ直し
自然と調和する生き方を模索する時期に来ているのではないでしょうか。

大雨による浸水被害は、ダムの放流に起因していることは明らかです。
ダムは何のためにつくられたのか?その役割を本当に果たせているのか。
河川を自然のカタチから大きく変えて、整備という名の工事をしていないか。
などなど、人の手による被害が大きくないですか。

私たちは地球の長い長い歴史の中で、ほんの数十年間借りして生きている。
子どもたちに遺す地球をどんな形で受け継いでいくのか
大人は真面目に考えなければなりません。


ちょっと真面目です。
モギコでした。

26 10月

ちば家博オープン

こんにちは、モギコです。
ちば家博、いよいよグランドオープンです。

ハヤシ工務店が、これまでの培ってきた住宅建設の知識と技術を集結したコンセプト住宅です。
躯体のスペックはすごいです。この冬の体感が楽しみでもあります。

規格住宅なので、オーダーメイドよりは自由度が下がりますが、その分金額的に抑えられるようになっています。
躯体性能がしっかりしているので、住まい手さんの「やりたい」を集中して吟味できる家づくりになってます。

プランを社長と一緒に担当しました。
主なイメージ造りは社長、内部の間取りや動線計画は私が担当しました。
こうなってたら暮らしがスムーズなのに、、、というワーママ目線のポイントが盛りだくさんです。

5月末までモデルハウスとして自由にご覧いただけます。
東金ですが、一見の価値アリ。
スタッフ一同、お待ちしております。
私は常駐してません。
モギコの解説希望の方は問い合わせページよりご連絡ください。


モギコでした。

25 10月

家博モデルハウスにあの方が…

こんにちは、モギコです。
いよいよ家博がオープンします。
その前に、いらして下さいましたよ。あの方が。。。

実はこのプロジェクト、シンプルライフ研究家のマキさんが少しコラボしています。
以前からブログを通して存じていたのですが
実際にお会いしたのが5月。
「いかに家事をせずに心地よく暮らすか」という話で盛り上がりました。

そこから5ヶ月余り。怒涛の数か月でしたが、完成したモデルハウスに来て下さいました。

シュフのポールポジションともいえるこの場所で暮らしを想像中。
いいね!いいね!と心くすぐるポイントを堪能して下さった模様。
実は「マキさん一家が住みたくなる家」と裏コンセプト設けてます。
私にとっては仮想お施主様の偶像なので、この笑顔は嬉しいな。

いよいよオープンです。
山あり谷ありでしたが、何とか完成です。

ひと段落、かな。
モギコでした。

02 10月

10月 

こんにちは、モギコです。
怒涛の夏を過ごしているうちに、10月になってしまいました。

弊社は9月決算、新しい年度が始まりました。
襟を正して、新たな気持ちでまた頑張ろうと思います。

・整理整頓
・先手仕事

「こなす」ではなく「おさめる」仕事を心掛けます。