こんにちは、モギコです。
今日は月曜日、私の住む地域はプラスチックごみの回収日です。

我が家はほぼ毎週20リットルのごみ袋がパンパンになってしまいます。
プラスチック製品をいかに多く購入しているかという指標でもあります。
ちなみに、食品トレーやペットボトルはほぼリサイクルに回すので
それらは入っていない。

暮らしで出てくる、包装やパッケージなどなどを毎週20リットルも出している。
わーお。
これ、全部買ったもの…。これだけ捨てるのかーー。

ちなみに可燃ごみは30リットルが10日~2週間に一度出す程度です。
野菜くずを土に還すようにしてからかなり減らせました。

プラスチックごみはどうやらサーマルリサイクルと言って燃料になっている模様。(ごめんなさい、そこまで詳しくないです。)

可燃ごみは、市のごみ処理場で焼却されています。焼却!
火をつけたら燃えるわけではないので、燃料(重油だったりするらしい)を使って炉内を高温にするようです。
ここでも化石燃料が使われてるし、おそらくいろんな汚染物質も出るでしょう。
可燃ごみのルールが徹底しているわけでもないし、ごみの収集は各家庭のモラルに任されています。

とは言え、ごみを出したら家の中はすっきりするけど
どこかで誰かがその次の事をしているのに変わりはありません。

家がいくら省エネな暮らしを実現できる家になってても
暮らしの意識がどっかに行ってると、やっぱりちぐはぐになってきてしまうのだなぁ…。

なるべくリサイクルに出せるものは出すように指定はいますが
やはり、ごみを出さない暮らし=余計なモノを買わない暮らし
につながるのかな、とも思います。

できることを一つでも増やす、という感じでごみと暮らしを考えるとまた違った行動が生まれるかもしれません。


ごみを減らしたい一番の理由は、「ごみを出すのがめんどくさい」です。
モギコでした。

ごみの量から暮らしを考える

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。