PROJECTSE構法

メイン

地震に強い家をつくる、SE構造とは

木造住宅でありながら、集成材とSE金物の採用で、圧倒的な強度を実現した構法。何より構造の強さが自慢で、吹き抜け、大開口部やフロアのワンルーム化も実現するなど設計面でも圧倒的な自由度を誇っています。鉄骨造や鉄筋コンクリート造と同様の構造計算により、高い構造性能を証明し、大規模建築物と同様の応力解析(構造計算)を、一般の木造住宅に持ち込み、建築基準法の規定以上の性能を持つことが国土交通大臣により認定された住宅工法でもあります。 もともとSE構法の開発は、阪神・淡路大震災の住宅倒壊を目の当たりにした構造設計家の播 繁氏が、日本的感性をいかし開放的で、かつ耐震性の高い住宅が必要であると痛感し、研究に着手したことから始まります。播氏は、今まであった壁を増やすばかりの耐震構造ではなく、木造の大規模建物(大断面集成材)の技術を住宅に取り入れました。その耐震性は、新潟中部地震の激震地でSE構法の家が一つも倒壊しなかった、という事実により明らかにされています。

SE構造の木造最強性能を支える3つの最強技術

高い強度と均一性を両立した高精度集成材による確かな木骨構造。さらに独自開発のSE金物によるハードジョイント。 この2つの組み合わせによる強度確保のもと、さらに大規模建築同様の構造計算を行うことで、SE構法の圧倒的強さが成り立っているのです。

木ならではの安らぎに強さを備える集成材

工場でコンピュータ制御による高精度加工で均一仕上げされ、強度計算に基づいて作られる エンジニアリングウッド(JAS構造用集成材)をSE構法は採用しています。この集成材は、 ムク材に対し1.3倍の強度を実現すると共に、木材ならではの安らぎをもたらしてくれます。

鉄骨に負けない強さを実現するSE金物

SE構法の全ての接合部は、独自開発によるSE金物によるハードジョイントにより構成しています。オリジナルリングで絞め、ドリフトピンを挿入することで、梁を引き寄せ柱と密着。構造用集成材の特性をさらに引き出し、圧倒的な接合部の強度を実現しています。

大規模建築も可能な木骨構造+構造計算

長野五輪のエムウェイブのように大規模建築も可能とする木骨構造のもと、その大規模建築物と同様の応力解析による構造計算を実施しています。立体応力解析で、あらゆる安全性を点検。もちろん様々なデータをもとに、自然災害についてのシュミレーションも万全です。

詳しいご案内はこちらをご覧ください。

SE工法の施工例

弊社によるSE構法で建てられた家の施工例です。強度が高く、柱を少なく作ることが可能なため、自由度の高いデザインで施主様のご要望に応える事が可能です。

2011年7月S邸 
41_3
2011年12月k邸
43_2
2013年4月W邸
55_4
2014年8月K邸
63_2



三匹の子豚プレゼント

は必須項目です。

お名前

例)斉藤 太郎

フリガナ

例)サイトウ タロウ

郵便番号
-
住所
電話番号
- -
メールアドレス
※半角英数字
※確認用
その他お問い合わせ内容

記載していただいた個人情報は資料請求、お問い合わせやご依頼内容に対応させていただくために利用いたします。お客様の個人情報を第三者に提供又は委託いたしません。プライバシーポリシー
メールシステムの不具合により1週間以上返答のない場合、お手数ですがもう一度ご入力いただくか お電話でご連絡ください。

EVENT

CONCEPT

  • LOHASINの想い

WORKS

  • ハヤシ工務店の手仕事案内

BLOG

PROJECT

  • ロハス・イン オリジナル自然素材
  • FOREST BARN
  • Craftman