ただ今暮らし実験中

旭市S邸

スクリーン越しに入る爽やかな陽のひかり。
こころなしかひんやりと冷たい床。
外の気配からゆるやかに守られた穏やかな空気に満たされたリビングルーム。

昨年の11月から住まい始めた、お子さま3人とご夫婦の五人で 暮らすS様のお宅を訪ねたのは、新緑眩しい初夏のころです。

家族で過ごす時間を大切にしたいこと。1階で生活が完結すること

という大まかな希望を伝えて、後はプロにお任せする!というスタンスですすめた家づくり。

できあがった家は予想を上回る性能と、使い勝手とが詰まっていたのでした。
実際に暮らし進めていくと、改めて実感する仕組みがいっぱい。

一冬過ごしてみて、今度は夏。どんな暮らしぶりになっているの か見せてもらいました。

勝手にエコになる暮らし

できあがった家にはOMソーラーが入っていました。これまでもエアコンなしの生活をしてきたSさん家族。

かといって我慢と忍耐で暮らすのことを良しとしているのでもありません。室内は心地いい方がいいし、でもエネルギーに依存するのも好きでない、そんなSさんに電気を使わないOMソ−ラーはピッタリでした。新らしいくらしにもエアコンは導入せず、この冬は OMソーラーの暖かさと、少しのファンヒーターで過ごすことができました。

夏が近づき日差しが強い日でも、家のなかは涼やか。その秘密は、ちょっと暑いかな?と思ったら、OMの設定をいろいろ試してみては、『あ、気持ちよくなった』 と確かめているから。季節が変わってから実験的にあんな動きやこんな動きを検証しているようです。

心地いい方が良いから、探してたらこうなった

もともと環境意識が高いのかと思って尋ねてみましたが、「いや、そんなわけじゃないんです。でも、心地いい方が良いから、探してたらこうなっただけなんです。」となんとも肩に力が入らないエコライフです。

土間にあるコンポストも同じこと。「掃除は嫌い」と言い切る奥さまが、生ごみを置いておかずに済むように、と購入しました。これもゴミは減るし、キッチンはいつも清潔に保てるしいいことだらけ。さらに新居では太陽光発電もしているので、コンポストに掛る電力もまかなえてしまうのです。

温度が快適なこと、空気質がいいことに加えて、何よりも感動したのが、洗濯物の乾きの良さ。お子様が3人いると毎日の洗濯は待ったナシ。でも、吹抜けに干せば冬場もあっという間に乾くので洗濯機の乾燥機能は出番が全くありません。

特にエコだ省エネだ!と気負わずとも、エネルギーをほとんど使わずに快適な暮らしを実現しているSさん一家。これから夏の快適暮らしの秘訣を見つけるのも楽しみです。

家族のじかんは短い

ご自身もそうであったように、子どもたちは近い将来家を出て独立する、と考えているSさん。家族でともに暮らす期間は本当にかぎられています。
だからこそ、今のこの時期を大切に過ごしたいと言うのはご夫婦共通の思い。

新しい家での適度な開放感と籠もり感。家の中で自由に居場所を見つけられる子どもたちは、思い思いの場所でのびのびと過ごします。大人の気配を感じながら安心して育てる場所。いつかそれが思い出になるとき、あたたかなものとして心に残るといい。

そんな暮らしを紡ぐ場所は、まだまだ手探りで未知数です。 これからどんな発見があるのでしょうか。次の訪問が楽しみになるSさんのお宅でした。

家づくりに関することなど、
なんでもご相談ください

0120-600-534

お問い合わせ

〒289-2714 千葉県旭市三川 12156-1
TEL. 0479-50-5666
FAX. 0479-50-5667
フリーダイヤル. 0120-600-534


PAGE
TOP