09 1月ALL 開発ヒストリー⑭

合理化する

今までの常識の中では気づけなかった

建物を建築するうえでのムダを無くす。

建物を建築するうえでの効率をあげる。

 

合理化することで、

弊社が大事にする性能という部分の品質を確保できる

実力がつき、さらに自然と住宅のイニシャルコストが

下がり、お客様へ還元できる。

 

しかし、常識の中から本当に今まで気づけなかった

ことに気づけるのか?

 

象がこの世で一番小さな生き物に会ってみたいものだとおもった

足元で

蟻がこの世で一番大きな生き物に会ってみたいとおもっている

そんな寓話があったように、

 

もしかしたら、気がつかないかもしれない。

しかし、要は、私を含めた

個性豊かなスタッフ(笑)の問題意識とアイディアにより

気づきがうまれると信じてる。

 

まず、ALLという規格住宅は、

木造住宅でありながら、

一切、雨に濡れることなく

一日の上棟でほぼ外回りは完成する。

つまり、

防水ゾーン(止水ライン)が一日で完成する。

もちろん、窓も玄関ドアもついてるので、

その日から戸締まりが可能だ。

 

住宅を建築する上で、木造躯体が雨にさらされない、

これって、非常識だ!

 

いや、木造住宅にとって、

木を雨にさらさない事ことのほうが常識なはず!

 

53

 

つづく

 

Post Tagged with ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です