くらし体験会行いました1。

11月 1st, 2018

10/27日にU様邸にて、くらし体験会を行いました。

 

いつもの見学会は、設計者が先頭に立って設計コンセプトなどいろいろ説明するのですが、

 

今回の説明者は、なんとU様ご自身でした。

 

事前に説明してくれそうという情報は得ていたのですが、当日ご確認させていただいたところ、快諾していただけました。

 

なんと素晴らしいことでしょう。

 

 

来場された方々も、住まい手自身のお話を聞けてとてもいい機会になったはずです。みなさん、うんうんうなずいて熱心にU様のお話に耳を傾けていました。そして、様々な質問をされてらっしゃいました。

 

家の建築を考えている方にとっては、絶対にいい体験になったはずです。また、U様の言葉は、それぞれの方の建築計画の過程で、何かに迷った時の判断材料にきっとなるはず!です。

 

素晴らしい説明をしてくださったU様にはとてもとても感謝です。

 

本当にありがとうございました。

 

 

敷地調査。

10月 25th, 2018

土地の購入を検討するにあたって、土地を見てほしいとのことで、現地に行ってきました。

 

重なるときは重なるもので、今回はガケの下ではなく、ガケの上の敷地です。

 

2方向がガケになっているのですが、計測したところ、高低差が2m以上あるのは1方向だけのようです。

 

よって、ガケ条例に引っかかるのはこの1方向だけと言う見解が土木事務所から得られたとのこと。(早々に、当社の社長みずから連絡して調べたそうです。)

 

ガケの上の場合は、建物は高低差の1.5倍以上の離隔が必要となります。

 

この敷地で実現したい間取りがすでにあるとのこと。

 

それにしても、ガケ地案件が2つ続くってあまりないことなので、偶然の一致ですね。

 

 

 

 

 

 

ガケ地、現場確認3。

10月 24th, 2018

前回までは、条例などの規制面を調査しました。

 

調査は一旦止めて、実現の可能性を考える時に、資金面から検討をすることも必要となります。

 

ここが簡単ではないです。

 

精度高く見積もることはこの段階では全く無理です。

 

ですので、大目に見積もって検討してはいますが、確実にくるいは出ます。

 

そして、概算でも資金計画をしてみない限り、方向性を判断しようがないですから、資金計画をする必要が発生しますよね。

 

一旦作ってみた資金計画書とにらみっこしながら、さらなる実現の可能性を検討していくのですが、まずは、ここまでのことを依頼主に説明することになりますね。

 

 

ガケ地、現場確認2。

10月 23rd, 2018

昨日見に行った、現場の調査を始めました。

 

本格的な検討は今後になるので、まずは、全体像をつかむための調査です。

 

まずは、やはりガケ条例に引っかかります。

 

その場合、ガケ下の場合は建物をガケ高さの2倍以上の離隔が確保できればいいのですが、それも敷地の面積から言って難しい・・・・

 

ガケは他人のものなので、そうすると、ガケ側の外壁だけをRC造でつくるか、または、待ち受け擁壁をつくるかになりそうです。でも、費用面での心配がありますね・・・・。

 

さらに、急傾斜地の崩壊の許可申請が必要なこともわかりました・・・。

 

自社設計物件において、急傾斜地の崩壊の許可申請が必要な設計の経験がないので、はっきりとは言えませんが、必要な図書一覧を見る限りでは、用意すべき図面も多いし、測量しないと作図できないものもあります。

 

話をまとめると、

この敷地は、確認申請とは別に、2つの規制をクリアする必要があることがわかりました。

1、ガケ条例

2、急傾斜地の崩壊

さらなる調査の過程でさらなる縛りが発生することも多々ありますが・・・この段階ではまずはここまでの調査で大丈夫だと思います。

 

次は、資金面での実現性を探っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ガケ地、現場確認1。

10月 22nd, 2018

今日はいい天気ですね。

 

他社に断られたという木の伐採希望と、新築可能かどうかの調査の希望があり、本日その現場の確認に行ってきました。

 

敷地のすぐ裏がガケになっています。

 

ガケ高さは5m以上は確実にあります。

 

間知ブロックなど擁壁はないという状況です。

 

そこに10mは超えるような木が生えています。

 

敷地・ガケ周辺は建物は込み合っていて重機が入る空間は全くありません。

 

倒木の危険性など事前に聞いてはいましたが、状況を見たところ、すでに隣家は倒木で屋根がつぶれていました・・・・空き家なので人的な被害は無いようですが・・・

 

残った木もしっかりしているようには見えますが、いつ同じことが起こるのか心配されるのは良くわかります。

 

まずは、状況は分かりました。

 

さっそく事務所に戻って、いろいろ確認をしてみないと。

 

なんとかできればいいのですが。

 

 

9月の連休。

9月 25th, 2018

9月は3連休が2度もありましたね。

 

さらに個人的な用事でお休みをいただいてしまっているので、

 

さらに出勤日が少なくなってしまってます・・・・。

 

仕事に遅れが出ないようにしないとですね。

1年半前の子犬。

9月 24th, 2018

1年半前になりますが、

 

だれかがお家の庭においていった子犬たち。

 

 

この写真に今も癒されています。

 

その後、やさしそうな里親も見つかって引き取られていきました。

 

大きくなっただろうな。。。。

 

 

彼岸花。

9月 23rd, 2018

お彼岸ですね。

 

お墓参りに行ってきました。

 

9月だというのに暑い・・・・・。

 

お彼岸と言えば、彼岸花ですね。

 

真っ白な彼岸花が咲いています。

 

 

道端では見ないので、もしかしてちょっと珍しいのでしょうか?

 

中秋の名月。

9月 22nd, 2018

昨日は、中秋の名月でしたね。

 

雲もなく、窓からとっても綺麗に月が光っていました。

 

しばらく家族とお月見をしながら、

 

ふと、ある建築物が浮かびました。

 

それは、ご存じの方が多いと思いますが、京都の名所になってい名建築の『桂離宮』です。

 

そこに月見台と言うのがあって、眼下の池に移る月を愛でるための、今風にいうとデッキテラスのような空間です。

 

昔の人は風流ですね。

 

それから、もう一つは、吉村順三さんの『軽井沢の山荘』です。

 

建築を学んでいた時代に、この家をデッサンしたことがあるのですが、

 

屋根上に月見台があります。

 

こちらも名建築です。いつか見に行きたいものです。

 

 

3連休。

9月 21st, 2018

明日から3連休ですね。

 

その後の平日も、プライベートでイベントがあるので、有休を頂きました。

 

来週は、ちょっとリフレッシュできそうです。